Mode
Switching
Project

なかなか仕事に、集中できない
心から、くつろげない。

そんなあなたの
気持ちの切り替えをサポートします。

Mode Switching について

Mode Switching Project は、
宅内における気持ち(モード)の切り替え(スイッチ)を
サポートするプロジェクトです。

室内環境の構成物をソフト的、ハード的に制御することで、
その人の、その瞬間に最適な環境を提供し、
仕事に集中したり、心からくつろいだり、
コミュニケーションを活性化させたりします。

Vision / Mission

  • Vision
    環境が整うと、気持ちも整う

    今の気持ちも、未来の気持ちも支え続ける住環境を提供します。

  • Mission
    空間の限界を突破する

    限られた空間をテクノロジーで拡張し、住空間の制約を突破していきます。

チーム / メッセージ

  • 世界の人口が増え続け、ますます都市部に人口が集中している。
    都市部の家は総じて狭いが、家が狭いからと言って無意識に諦めていることはないだろうか。
    テクノロジーをうまく使えば、まだまだ住環境のポテンシャルは引き出せるはず。
    狭い部屋でも、思いっきり仕事がしたいし、ホームパーティもしたい。
    そんなわがままを叶えたい。

    Design engineer

    石川 雅文

    2018年 パナソニック(株)にキャリア入社。
    現在、パナソニックホールディングス(株)技術部門 プラットフォーム本部所属デザインエンジニア。
    住環境に関わるハードウェアやUIのデザインをバックグラウンドに、近年はエンジニアリング、ビジネスにも領域を広げ、「くらし」と「しごと」を支える新規事業作りに従事。

  • 人って変わりたい変わりたいと思っていてもなかなか変われない。
    色々とシンプルにしたいと思っているのに、複雑に生きている。
    そんな切替のトリガーを自らの意思ではなく、機械やシステムに任せてもいいのではないだろうか。
    そんな新しいくらしを設計することで、まだ見ぬ体験を届けたい。

    Design engineer

    村上 健太

    2014年 パナソニック(株)入社。
    現在、パナソニックホールディングス(株)技術部門 プラットフォーム本部所属 デザインエンジニア。
    ロボティクス分野におけるヒトのモデル化・評価技術、組込ソフト開発をバックグラウンドに、ヒトの「くらし」体験の設計、「はたらく」上での従業員体験向上に関する研究開発に従事。

向き合う課題

コロナの影響もあり、一気にリモートワークが増えた。
狭い家の中で「はたらく」と「くらす」が融け合った生活「はたらくらす」が強制的に定着。
ひとつの部屋の中で全てをこなさないといけないせいか、仕事も暮らしもうまくいかない。
このモヤモヤを解消し、もっと上手に「はたらくらす」を実現したい。

顧客価値

  • フィジカル

    部屋の広さはそのままでも、
    室内環境が変化することで、まるで部屋が増えたかのような感覚を引き起こせたら、もっと上手に「はたらくらせ」ないだろうか。
    例えば、1Kの家が1LDKにスケールアップしたような感覚。
    この感覚が引き起こせれば、気分(モード)の切り替え(スイッチ)がスムーズになってもっと上手に「はたらくらせ」るようになる。

  • メンタル

    部屋の広さはそのままでも、
    室内環境が変化することで、まるで部屋が増えたかのような感覚を引き起こせたら、「はたらく」と「くらす」を分離できないだろうか。
    モヤモヤ溶け合った「はたらく」と「くらす」が適度に分けられると、「はたらく」にも没頭、「くらす」にも没頭できるようになる。
    これが上手に「はたらくらす」ということ。

解決策 / アイデア

まるで部屋が増えたかのような感覚を
引き起こすためのソリューション群

解決策 / アイデア 解決策 / アイデア

連携して拡張されていくパートナー
によるサービス群

お問い合わせ

▼Mode Switching Projectへのお問合せは下記よりお願いいたします。

wellbeing-hub@gg.jp.panasonic.com